ハワイでマッサージセラピストになる為に必要な3つの事

  • アロハ!アバサアカデミー担当のTsugusaです。

    大好きなハワイでマッサージセラピストとして働きたいけど、どうすれば良いのか分からない・・・

    そんなあなたに、マッサージセラピストとして働く為に必要な3つの条件をお教えします!

     

    ①最低570時間以上の座学・実技の講習をハワイ認定学校にて受ける。

    • 50時間の人体解剖学・生理学・運動学の講義
    • 100時間のマッサージの理論・衛生学・禁忌などの講義
    • 420時間の実技(ハワイ州公認のマッサージ学校でインストラクターの元、実技)

    ②カリキュラムを終了後ハワイ州のテストを受ける。

    • 合格するには、問題の75%をクリアする事が必要とされています。

    ③米赤十字社または米国心臓協会から、心肺蘇生法の資格認定を取得・保持する。

     

    ※ライセンス取得条件は予告なく変更される可能性がございますのでご注意下さい。

     

    ただ、ライセンスが取れたからといってすぐに働けるわけではありません。

    ハワイで働くには、就労ビザ・アメリカ市民権・永住権保持などが必要となります。

    さらに、マッサージセラピストの資格は毎年2年ごと(6月30日が有効期限)に更新する必要があります。($120/2年)

    ※失効後1年以内であれば試験を受けなくても更新可能。(更新料は同額 $120)

     

    ライセンスを取得した後も、熟練セラピストになる為には日々の努力が大事です!

    ロミロミマッサージ一つにしても、その歴史は古くとても奥が深いマッサージです。

    さらにハワイでは、駆け出しのセラピストは正社員ではなく、オンコール(会社が必要な時に呼び出す方法)として経験を積む事がほとんどです。

     

    などなど道のりは簡単ではないけれど、本人のやる気次第では充実したハワイライフが待っているかもしれませんよ…(*^^*)/