こじらせ風邪子さんに効く7つの食材

  • Aloha! アバサアカデミー担当のTsugusaです 😆

     

    季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、皆様大丈夫でしょうか?

    ハワイも最近朝晩と涼しくなってきて、風邪を引いている人をちらほら見かけます 🙁

     

    事前に予防する事が大事ですが、なってしまった後の対処でも治り方は全然違います。

    そこで今日は風邪を引いた時に効く食材をご紹介したいと思います!

     

    と、その前になぜ風邪を引いてしまうのか…原因を調べましょう。

    1. 季節の変わり目や朝晩と昼の気温差の変化に身体がついていけない
    2. 喉・鼻の粘膜が弱っていたり、身体の免疫力が低下していると風邪菌が体内に侵入してくる

    ※免疫力の低下は、疲労・ストレス・乾燥・睡眠不足などが原因とされています。

     

    では、風邪に効く食材7選です!!

     

    ①納豆

    e51m_75691

    納豆にはビタミンE、ビタミンB郡、植物性たんぱく質などの栄養素が豊富に含まれており、抗菌作用や免疫力を高めてくれます。さらに、納豆菌は病原菌や有害な菌を排除してくれる働きもあるので、腸内環境も整えてくれます。

     

    ②くず・生姜

    ginger-803017_6401

    葛(くず)も生姜も漢方薬に用いられる生薬。くずは身体の熱や腫れ、痛みを緩和してくれる効果があります。また生姜は、発汗作用や抗菌作用もあります。喉の炎症にも効くはちみつと一緒にお湯で溶かし生姜湯などにして飲むと更に効果的です。

     

    ③アセロラジュース

    frutas-553145_6401

    アセロラにはレモンよりも豊富なビタミンCが含まれています。ビタミンCは風邪の菌に対する抵抗力を高めてくれる働きがあります。風邪以外にも大人ニキビや美白にも効果的で美容にもってこいの飲物です。

     

    ④パプリカ

    paprika-320138_6401

    パプリカもアセロラジュースと同じく豊富なビタミンCを含んでいます。普通のピーマンの倍以上とも言われています。特に赤ピーマンはビタミンCに加えてカロテンも他のピーマンより豊富に含まれています。

     

    ⑤ニラ

    w0536_hamane_chivee2_L1-1024x1024

    ニラにもカロテン(粘膜を強くする効果がある)が多く含まれています。カロテン以外にも、ビタミンCやビタミンE、カルシウムや食物繊維などの栄養素がたっぷり。強い殺菌作用や免疫力を高める効果があります。

     

    ⑥いわし

    sardines-274459_6401

    いわしには、たんぱく質やビタミンE、ビタミンDなどを含んでおり、血行を良くし身体を温め免疫力を高める効果があります。いわしの他に、アジ・さば・まぐろの赤味などもたんぱく質が豊富な魚です。

     

    ⑦鶏肉・豚肉

    chicken-breast-279848_6401

    たんぱく質と言えばお肉ですが、その中でも鳥のささみやむね肉、豚ヒレ肉や豚もも肉は特にたんぱく質が豊富に含まれています。鶏肉はカロリーも低めで肌荒れにも効果的ですし、豚肉は疲労回復やストレス解消も期待できます。

     

    ここで注意していただきたいのが、風邪の時に避けたほうが良い「風邪NG食材」です。

    • 冷たいアイスクリームやかき氷などの過剰摂取:風邪の時には身体を温める事が先決です。少しなら大丈夫ですが、過剰摂取は控えましょう。
    • 冷たい水:風邪の時には水分はしっかり摂るほうが良いですが、冷たい水は胃腸に負担をかけ下痢になりやすくなります。
    • 脂っこい食べ物:脂質の多い食べ物は消化が悪く、こちらも胃腸に負担をかけてしまいます。
    • 消化の悪い食材:ゴボウ・レンコン・パセリ・オクラ・キノコ類など
    • 唐辛子や香辛料などの刺激物:コーラやサイダーなどの炭酸飲料も刺激物になるので控えたほうが良いです。
    • 甘いもの:ケーキやドーナツは消化が悪い食べ物です。ゼリーやボーロなどは消化が良いので風邪の時に食べてもOK!!

     

    いかがでしたでしょうか?

    風邪は引き初めが肝心! 体調が悪ければ何もできません。栄養のあるものをしっかり摂って早く治しましょう。