ぽっこりお腹を撃退する3つの方法

Aloha!

 

30代を過ぎると、今まで気にしなかった身体の変化に気づいてきますよね。

その中の一つ、ぽっこりお腹に悩まされている人も多いのではないでしょうか?

 

ろっ骨あたりまでは細いのに下腹だけ出ている…

ダイエットをしているのに下腹だけなかなか痩せれない…

 

それにはちゃんと原因があるのです。

 

ぽっこりお腹の原因とは??

  • 筋肉不足による内臓の垂れ下がり

年齢を重ねると共に落ちてくるのが筋肉。その中でも腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる筋肉が低下する事で、内臓を支える事ができなくなり垂れ下がり下腹部がぽこっと出る原因に。胃などの内臓が下がると、下にある腸が押しつぶされて便秘の原因にもなります。さらに腸の動きが悪くなると、腰周りの贅肉がつきやすくなってしまいます。

運動不足や骨盤のゆがみ、さらに姿勢の悪さも身体の内臓が正常な位置から下へ垂れ下がってしまう原因です。

 

  • 水毒

水毒とは、東洋医学で水分がお腹に溜まっている状態の事を言います。お腹を軽くたたいた時にタポンタポンと音がしたり、太っていないのに下腹部だけ出ている人は水毒の可能性があります。冷たい飲み物やエアコンの下ばかりにいて体が冷えてしまうと水毒になりやすいとされています。内臓機能を低下させ、脂肪がつきやすい体質に…。

 

では、ぽっこりお腹解決法です!!

belly-2354_640[1]

 

①内臓マッサージをしよう!

  • お腹に手を当て、「の」の字を書くように手を動かしましょう。脂肪がつきやすい下腹部は持ち上げるようにするとより効果的! これで、腸機能の活性化が期待できます。
  • ウエストのくびれ部分を上下に動かしましょう。腎臓機能が活性化され、水毒解消に効果的です。
  • 気になるお腹の贅肉をギュっとつまみ離す動作を繰り返しましょう。こうする事によって、内臓の筋肉が刺激され、むくみや肥満防止に効果的です。

 

②下腹部エクササイズをしよう!

  • <ショルダーブリッジ>仰向けになって横になります。両手はまっすぐ身体の横に。両ひざを立て足に力を入れてお尻を上げます。膝から肩までが水平になったら、腰を左右に揺らします(10秒)。次は同じ姿勢になったまま、下腹部から胸に向かって手を動かしていきます。内臓が正常な位置に戻るように意識しながらすると効果的。
  • <寝たまま自転車こぎ>仰向けになりリラックスします。下腹部に力を入れて両足をすこし浮かせます。そのまま自転車をこぐように足を動かします。20回×3セット。余裕が出てきたらこぐ回数を増やしていきましょう!

 

③腹式呼吸をしよう!

  • まずは鼻から息を吸いましょう。ゆっくりをお腹の膨らみを意識しながら吸っていきます。息を吐く時は、下腹部に力を入れてお腹を凹ませながらゆっくりと吐いていきます。この時、お尻の穴をキュと閉めるように力を入れるとヒップアップの効果も期待できます!

 

いかがでしたでしょうか?

まずは意識する事! いつまでも何もせず美貌を保つなんて無理なんですっ!!

気づいて努力した人だけが、美Bodyを手に入れられるのです!!

あなたも今日から始めてみませんか?? 😉